miyabi
ART
VOGUE JAPAN 刊行200回記念 ローラ登場 (VOGUE JAPAN 200th Issue Anniversary ft. Rola)
TOP >
April 8, 2016

もう先月にもなりますが、仕事でVOGUE JAPAN様の映像に関わるお仕事をさせていただきました。


VOGUE JAPANは発刊200号を記念して特典映像を作る!ということで、プロデューサーから絵コンテ(ストーリーボード)の仕事でした。

産経ニュース記事:
http://www.sankei.com/economy/news/160226/prl1602260024-n1.html

そのプロデューサーとは、多くのハリウッドセレブを手掛けてきたカート・イスワリエンコ(Kurt Iswarienko)氏。 やわらかく親しみやすい雰囲気ながら風格があり、表現が豊かなのもあって、絵コンテの制作も極めてスムーズに進み、予定通り撮影に渡すことができました。
(シンプルな絵コンテだったので、もしかしたらカート氏がディテールを吸収してくれたのかも?? >_<) ちなみにカート氏の奥さんは 「ビバリーヒルズ高校白書 / 青春白書」のブレンダことシャナン・ドハーテイ(Shannen Doherty)氏。
ローラ氏、日本のバラエティではお決まりのあのキャラ、週刊誌では結婚とか、彼女のゲイノウジン話には興味がまったくない。
世界のトップモデルとして、世界の映画女優として、「素」の姿で向上してゆく姿が本気ならば、業界の空気や自分のキャラなんか気にならないはずだから。ファインダー越しの彼女は、そういう 素 の姿をはっきり見せていると思う。

 

メイキング



アニメーター/イラストレーターとして日頃、室内でちまちまと作業することの多い自分が、あまりこういった種の仕事を請けることはありませんでしたが、ここ数年少しずつ撒いてきた「種」が芽を出し始めたのかもしれません。

僕は明後日、37歳になります。 自分を語るにはまだまだなすべきことが多すぎてムズかゆいのですが、
ずっとモットーにしていることのひとつは 「1をやって10を学ぶ」

ミノミヤビ 個人でできることと、みんなで力を合わせてできることの違い。
ウォルト・ディズニー・イメージニアリングでの仕事の後、去年秋まで1年程働いていたベンチャー会社で、そのスケールの差や、集団で働くことの難しさ、信頼やコミュニケーションの強さと怖さ、また人間の多様性など、まさにたった1年の間に10…いやそれ以上のたくさんのことを学びました。

新たに誕生日を迎える今、その学んだことを生かして、色々な人と化学反応を起こして行く年にしたいなと考えています。

 

A month ago I had an opportunity of working with VOGUE JAPAN for the magazine’s 200th issue anniversary. I am a pre-production storyboard artist in the project which features the well-known Japanese model/actress Rola. The producer/director Kurt Iswarienko (The film producer, photographer, also the husband of Shannen Doherty the worldwide renowned actress known as Blenda in Beverly Hills, 90210 series) is very talented, nice person which make us work in the entire project very clear and quick. (Videos above are the released work & making)

The project was popped up in my struggling time after leaving from my Art Director position in one venture company in South Bay, in the background of complex of belief, miscommunication, a variety of personalities. However this VOGUE JAPAN’s project has made me wrap up a lot about working among many people, and about individual among them, which at the same time gave me a great nail for me to start over by my original career as a visual artist.

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on LinkedIn0Share on Google+0

Leave Your Words!

Your email address will not be published. Required fields are marked *